安いフォトフェイシャルと医療脱毛のダブル使い

エステサロンで受けられるフォトフェイシャルには美肌効果だけじゃなくって、脱毛効果もあるって言いますよね。クリニックの安い医療脱毛との違いって何でしょうか。



フォトフェイシャルでは安い医療脱毛できない

安い医療脱毛できない エステサロンのフォトフェイシャルは、クリニックの医療レーザーと同じようにメラニンの黒い色素に反応して、シミやくすみを薄くしていきます。

毛根のメラニンにも反応しますから脱毛効果もあるのですが、出力が弱いので医療脱毛になるほどパワーはありません。

でも、695nmから1200nmまでのさまざまな波長域の光を含んだ光線がシャワーのように肌に作用していきますから、シミやそばかす、アザやくすみ、毛を作る細胞の弱体化などいろいろな作用をやんわりしてくれるんです。

クリニックの医療レーザーは高い出力のレーザー光を毛根のメラニンに一点集中して照射します。

毛を作る元になる細胞を破壊し、半永久的に毛が生えてこなくできる点では優秀ですが、ほかの作用はほとんどありませんし、太い毛が無くなってくると効果が薄らぐのが欠点です。

フォトフェイシャルと医療レーザー脱毛のダブル通いがお勧め

両方とも良いところがありますが、完ぺきではありません。クールダウンする期間をちゃんと開ければ両方を同時に施術してもらうことも可能です。

両方のいいとこ取りをするには、クリニックの医療レーザー脱毛でまず太い毛を脱毛し、8割がた処理できたらエステサロンのフォトフェイシャルに切り替えるのも良いでしょう。

フォトフェイシャルはうぶ毛を抑制し、全体への美肌効果が高いのでよりリーズナブルにきれいになれますよ。

page top